ムサシ総合メンテナンス企業組合 ホーム > 米ヌカ塗油「婆油」

創業以来、地域密着に根ざした、安心・安全を提供してきました

建物管理事業

確かな技術と信頼の実績。
止水・防水加工などのビルメンテナンスはお気軽に

あんしん米ヌカ 米ヌカ塗油「婆油」

現在、日本で使われているほとんどの植物油は輸入原料から作られています。本製品は、国産米の米ヌカから作られた自然塗油。食べ物から作られた塗油なので、食べたり触ったりしても全く害がありません。小さなお子様にも安心の素材です。米ヌカのロウ成分が、木の本来持つ輝きを引き出します。人と環境にやさしい自然塗油を、ぜひご体感ください。

特徴

  1. ホルムアルデヒド・VOC2などの化学物質がゼロ

    食べ物から作られています。溶剤など人体に有害な化学物質は一切使用しておりません。

  2. シックハウス法告示対象外建材

    内装への使用規制がかからないなど安全な自然塗油です。無臭で有害物質もゼロなので、塗装中の換気が不要です。

  3. 乾燥時間が短い

    他の自然塗料にくらべて乾燥時間が1/6程度と素早い施工が可能になりました。(指触乾燥が2~6時間・季節により異なります。)

  4. 木を保護し、呼吸を妨げない

    米ヌカに含まれるγ̶オリザノールが紫外線を吸収し、木部を美しく保ちます。本製品を塗布しても、木が本来持っている吸放湿(調湿)性能を妨げません。

  5. 施工が簡単

    雑巾掛けの感覚で塗布するだけです。ムラになりにくいので、どなたでも施工することができます。木目を活かした美しい仕上がりとなります。

  6. 自然発火の可能性ゼロ

    酸素と結合して自己発火する恐れがないので、使用後のウエスの処理が簡単です。※火気・加熱などの状況下で予想外の発火が起こる可能性を含め、ウエス等の処理は適正に行ってください。

  7. 低粘度で使い易い

    低温時でも固化せず、液状を保つので施工性に優れています。

  8. これからの循環型社会にぴったり

    精米した後に残る米ヌカより抽出します。抽出後の米ヌカは、家畜の飼料になるので環境にやさしい製品です。

使用方法

  1. STEP.01
    施工部分表面のゴミやチリを取り除き乾燥させてください。施工前に見切り部分のテーピングを行ってください。(浸透性が強いため染みこむ場合があります。)
  2. STEP.02
    ウエスに少量の婆油を染み込ませ、木部にすり込むように薄く伸ばして下さい。ハケ塗りは塗りすぎの原因となりますので、ご使用をお控えください。
  3. STEP.03
    塗り過ぎた場合は、乾いたウエスで余分な油分をしっかり拭きとってください。
  4. STEP.04
    乾燥時間は、季節によってことなりますが指触乾燥で2時間6時間ほどを目安にしてください。(低温時は乾燥が遅くなります。)施工面には、マスキングテープなどが貼り付かなくなる事があります。
  5. STEP.05
    水気が付いた場合は、放置するとシミの原因となりますので、すぐに拭き取ってください。シミになった場合は、少量の婆油を染み込ませたウエスで強めに擦ってください。また日頃のお手入れは乾拭きをしてください。経年変化で汚れてきた場合は、汚れを取り、婆油を再度塗ってください。
  6. STEP.06
    樹種により色が変わる事があります。サンプル等に必ず試し塗りをしてから、施工してください。(吸込みの多いチーク、バルサ、くり、雲杉板など相性の悪い樹種がございますのでご注意ください。)

よくあるご質問

  • 経年変化により無垢床板などがかなり汚れてきました。どうすれば良いですか?
    メンテナンスキットがございますので販売店にご相談ください。1年から2年毎にお手入れをしてあげれば一生持つ床板になります。
  • F☆☆☆☆の認定書はありますか?
    告示対象外建材なので問題ありません。シックハウス対策に係る法令により告示対象建築材料は厳密に規定されています。基準に満たない材料は、内装材料として使用面積の制限を受けます。

    以下国土交通省ホームページより抜粋↓↓↓

    平成14年国土交通省告示による告示対象建築材料以外の建築材料については、ホルムアルデヒドの発散がほとんど認められないことから居室の内装の仕上げや天井裏等に本規制を受けることなく用いることができます。(告示対象建築材料以外の建築材料の例とその扱い)
    従いまして、財団法人建材試験センターなどの大臣認定機関においてF☆☆☆☆の試験そのものが存在しません。本文面においてご納得が行かない場合は建材試験センターにお問い合わせください。
    故に、本製品は最も安全な告示対象外建材として扱われる事になっております。
    日本塗料検査協会がホルムアルデヒドの発散量の測定を行っておりますがこれはあくまで裏付けをするための自主的検査です。告示に定められている内容に準拠して検査をすることができますが、大臣認定を受けることはできません。(本来受ける必要がありません。塗料としての権威付けと付加価値創出には必要な一面を持っています。)

  • 製品性状の分析データはどうなっていますか?
    塗料の規定をはるかに上回る食品レベルの規格である日本農林規格(体内に取り込まれる事を前提とした安全性)に準拠しております。
    従いまして、出荷直後の製品については食用にしても健康に何ら影響を及ぼすことは無く不ケン化物の抗酸化作用が健康にとってよい方向に働くことは公知の事実です。食用との違いは、建築材料にするために米ぬかに含まれる蝋分の精製度を調整してあります。
  • 施工は難しいですか?
    取扱い難易度は低い塗油で簡単です。低粘度で浸透性が良いので木目を活かした綺麗な仕上がりになりますのでどなたでもチャレンジできます。
  • 乾性油のような自己発火の危険性はどうですか?
    通常の状態において自己発火をすることはありません。
    よく油は酸化して悪くなると言います。これは、油の分子が酸素にくっつきやすい状態を意味します。油の分子にヨウ素がくっついている状態を二重結合と呼びます。
    この二重結合をどれだけ持っているのかが油の性質を知る上で重要な数値となります。
    言いかえれば酸素のくっつき易さがヨウ素価になります。ヨウ素価が大きいと酸化しやすく重化して樹脂化しやすくなります。液体の油が固化して樹脂になることを「油が乾燥する」と表現します。油の性質は、ヨウ素価により3種類に分類されヨウ素価130以上を乾性油・100から130を半乾性油・100未満を不乾性油と言います。
  • 米油は何年程度使えますか?
    未開封で2年です。開封後は6カ月を目安にご使用ください。開封後は冷暗所に保存し直射日光や高温を避けてください。より良い状態を保つために冷蔵庫の中に入れて保管されることをお勧めいたします。
  • クリアー以外の色はないのですか?
    木目と木材が一番引き立つように作られております。特注色対応は条件によりできますが、性質・価格などが変わります。詳しくは、製造元にお問い合わせください。
  • お婆ちゃんの米ぬか塗油はどのように購入したら良いですか?
    お届け先住所・氏名・連絡先と希望数量を販売代理店にご連絡ください。
  • どんな木材にも使用できますか?
    樹種により色が変わる事があります。サンプル板等に必ず試し塗りをしてください。
    吸い込みの多い木材に関しましては、合わない場合がございますのでご注意ください。(例;チーク、バルサ、くり、雲杉板など)
  • 手や皮膚についた場合は問題がありますか?
    もともと食物から作られておりますので全く問題はありません。厚生労働省が指定する特定アレルゲン物質25品目も含んでおりませんのでご安心ください。ごくまれに米アレルギーの方がいらっしゃるようですのでご注意ください。
  • F☆☆☆☆が無いと建築確認で問題にならないのでしょうか?
    審査の簡便さという点でF☆☆☆☆が一般的になっていますが、原材料証明書を添付していただくと問題なく審査は通過します。